20150628 高校生教育再生会議最終審査会に参加しました。

高校生が考える「自らが受けたい『教育』」について考える。。
高校生教育再生会議の提言制作最終審査会。審査員として高名な寺脇研先生、前川文科審議官、湘南ゼミナール中嶋取締役の皆様とご一緒させていただきました。最終選考に残った6チームのプレゼンはいずれもこれまで深くかつ真摯な話し合いが積み重ねられてきたことが伝わる言葉がいっぱい。共通するキーワードは「自分で考える」。高校教育シーンの受益者=主権者たる高校生は「自らの頭で考えること」を求めているのだと改めて学ぶことができました。いずれ劣らぬ内容に苦悩の末、クロトパートナーズ賞は2チームに。

梅雨の晴れ間の日曜の午後、貴重な機会をいただくことができました。
関与された皆様、運営にご尽力された高校生の皆さんに敬意です。

DSC_011310169373_1463911447256218_6546731126851591841_n 11659235_1463911407256222_165316683387153286_n

広告