国境なき記者団による2013年世界報道自由ランキング

国境なき記者団(*1)が2013年世界報道自由ランキング(Worldwide press freedom index)(*2)を公表。

日本は22位⇒53位へ。

曰く

“Japan (53rd, -31) has been affected by a lack of transparency and almost zero respect for access to information on subjects directly or indirectly related to Fukushima. This sharp fall should sound an alarm.”
“Japan (53rd, -31) plummeted because of censorship of nuclear industry coverage and its failure to reform the “kisha club” system. This is an alarming fall for a country that usually has a good ranking.”

これでよいとは思えないのですが。。

*1) Reporters Sans Frontières [RSF]、英語:Reporters Without Borders [RWB] 。言論の自由(または報道の自由)の擁護を目的とした、ジャーナリストによる非政府組織。1985年、フランスの元ラジオ局記者ロベール・メナールによってパリで設立。
*2) 2002年以降、毎年14の団体と130人の特派員、ジャーナリスト、調査員、法律専門家、人権活動家らが、それぞれの国の報道の自由のレベルを評価するため、50の質問に回答する形式で指標が作成される。その指標を基づいて発行されたリストが世界報道自由ランキング 。
http://en.rsf.org/press-freedom-index-2013,1054.html

広告