第11回事業再生実務家協会シンポジウム「東日本大震災と事業再生」

事業再生実務家協会主催の標記シンポジウムを拝聴。
http://www.turnaround.jp/adr/pdf/111107.pdf

高木新二郎先生・小林信明先生の個人版私的整理ガイドラインの策定、運用等にあたっての
ご尽力やパネルディスカッションでお聞きした被災地金融機関の御尽力(石巻信組丹野常務
理事のご報告)や関係各位の真摯なご対応には手を合わせたくなる気持で勉強させていただき
ました。
富山和彦氏の「社会政策検討と経済産業政策検討をわけて考えることの必要」とのご指摘や
山本和彦先生の「非常時に機能する倒産処理/事業再生システムの必要性」のご指摘等々に
深く共感すること多々でした。

いっぽうで、金融円滑化法による中小企業向け実行件数が170万件超、47兆円弱という事実
(11年3月末現在 TSRまとめ)、また緊急対策等による被災地での新規融資積み上がりの
実態等々に絶句(これを時宜を得た施策と評価するのか、あるいは・・・)、これでいいのか、
自分に何ができるのか、胸に手を当てて沈思した次第です。

—————————————————————————————————————————

  • 基調講演1 : 「個人版私的整理ガイドラインの運用について」
      高木 新二郎 (一般社団法人個人版私的整理ガイドライン運営委員会 理事長 / 野村證券 顧問)
      小林 信明 (一般社団法人個人版私的整理ガイドライン運営委員会 運営協議会 副議長 / 弁護士)
  • 基調講演2 : 「二重債務問題における政府の対応策(産業復興機構等の創設について)」
      呉村 益生 (経済産業省中小企業庁金融課 課長補佐)
  • 基調講演3 : 「新規融資を充分に行うための金融機関に対するアプローチ」
      松嶋 英機 (弁護士 / 西村あさひ法律事務所代表パートナー)
  • パネルディスカッション 「東日本大震災の被害を受けた地域の事業再生のあり方」
 モデレーター: 藤原 敬三 (中小企業再生支援全国本部 統括プロジェクトマネージャー)
 パネリスト: 小林 信明 (弁護士 / 小林総合法律事務所)
      須賀 一也 (公認会計士 / 須賀公認会計士事務所)
          丹野 清一 (石巻商工信用組合 常務理事)
          冨山 和彦 (株式会社経営共創基盤 代表取締役 CEO )
          山本 和彦 (一橋大学大学院法務研究科 教授)
広告