巨大銀行の消滅

「巨大銀行の消滅 長銀「最後の頭取」10年目の証言」 鈴木恒夫著 東洋経済新報社

「民営」日本長期信用銀行は、石橋が社会人としての基礎を叩き込まれた畑です。最後の頭取としてご尽力された鈴木恒夫氏。現場従業員として仰ぎみた当時の真摯なお人柄そのままの取り組みを拝読しました。当時の過酷な状況を最もよく知る立場の方からの認識提示は貴重な資料だと思います。当時を生きた多くの人の人生(あるいは人命)というあまりにも大きなコストをかけた出来事ですので、風化させることなく違う立場からの認識提示を切に期待したいと思います。

広告