再生機構清算から1年 の記事

フジサンケイビジネスアイに標記記事が掲載されているようです(→こちら。。)

いつのまにやら、もう一年。遠い昔のように感じます。

閉塞感が漂う組織において、「前述の我々は○○なのか」という根本問題(→問題意識があれば否定的意見が必然的に導出され、そこから、本来の姿とそこにいたる問題点、工程イメージが導出される)が、いままさに問われてるような気がします。

組織の持つ活力を不断に再活性化させつづけるのは、永遠のテーマなのかもしれません。。

広告